映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

干しいも 【家おやつ】 = 原材料名:さつまいも、水、日光


 hoshiimo__12.jpg
昨年の今時分だったか、大学芋をやってみました、という
ネタをアップしましたが、今回は掲題通り干しいもです。


わたくし、干しいもが非常に好きでして、ええそりゃもう、おやつ
類の中で常にトップ5には入るかな、というぐらい好んでおります。
で、結構スーパーなんかで買ってたんですけど、これがまた微妙に
お高い…のはまだエエが、割と当たり外れがあるんですな。あまり
甘くない上にポサポサ…とかね。なので、ちょっと己でやってみる
かな、とトライです。レシピはいつものクックパッド様(感謝)。


炊飯器にさつまいもと水100mlを投入し、蒸かします。
 hoshiimo__01.jpg
これは蒸かし後の図。炊飯前は撮り忘れたが、ただ単にイモが水
に浸かってるだけ、という詰まらん絵なので別にいいでしょう…。


まな板に置く。粗熱が取れたら皮を剥きます。
 hoshiimo__02.jpg hoshiimo__03.jpg
この粗熱、というのがよく分からんのですなあ。あんまり冷めると
剥き難いというので、殆ど間をおかずに、アチアチ言いながら剥き
ましたよ。指先を水で濡らして臨むと、熱さもマシになります。


そして適宜カット。
 hoshiimo__05.jpg hoshiimo__06.jpg
今度はちょっと冷ましてから切りなさいよということでしたが、早く
食いたいもんで早々に切ったら、案の定結構崩れました。そんな
に早くカットしたところで、どうせ干すのにねえ…。

この時点では、いわゆる蒸かしいもの状態なんですが、包丁離れ
が悪いほどネットリしてて、仄かな甘い香りも漂って実に美味そう
なんですなあ。ちょいと欠片をパクついてみましたらば、ハイもう
めちゃウマですがな。このまま全部食ってもええか、みたいな…。
食感、味的には、まさしく芋ようかんですね。

実はこの炊飯バージョンは2度目のトライでして、初回は鍋で茹で
イモにしたんですな。まあその時も味としてはちゃんと干しいもに
なりましたけど、茹でが足らんかったようで、ちょいと固い箇所が
残ってしまった上に、パサついた仕上がりだったんですなあ…。



ということで、リベンジ編の今回に戻りまして、切ったブツたちを
重ならんように網などに並べる。
 hoshiimo__04.jpg
別にザルでも新聞紙でも、その上に並べればヨイのだが、せっかく
なので上写真の干し野菜ネットというのを用意してみました。楽天
ポイントが溜まってたので、それでゲットです。


日当たりのよいところに干す。
 otoshidama_06.jpg
拙宅2階ベランダですな。撮影者の影が映り込んでますが、実際は
全体に陽光があたっています。適宜、表裏引っくり返す。


日が沈んだら室内に引き揚げる。
 hoshiimo__07.jpg hoshiimo__08.jpg
写真では伝わらんやもですが、触ってみたらば、まだまだネト~ッ
であります。この時はグッとこらえてツマミ食いはやめといた。


翌日、さらに干す。
 hoshiimo__11.jpg
これまた写真では分からんのですが、昨日に比べて若干乾いた風
になってます。触感も然り。

干し時間ですが、これはレシピによって様々なことが書いてあって
最短1日、長くなると数日ということなんですが、まあ気象条件やら
硬度の好み等々によるんでしょな。

ウチでは割とネトネトタイプの方が好まれるので短めの干し時間。
1日目、2日目とも数時間ってところで切り上げました。



で、完成品が冒頭写真。寄り図が下写真。
 hoshiimo__14.jpg hoshiimo__13.jpg
周辺部のヒゲ(?)みたいなのが見た目ちょっとナニですが、そこ
はまあ素朴感ということでスルー願います。この時点で触った感じ
はちょいネトでしたな。

食ってみますと…、はい~まさに干しいもですよ。実にウマウマ。
甘味としては割と控え目といった感ありましたが、これは品種にも
よるんですかね。個人的にはこれで十分ですな。

ということで、すっかり味をしめて既に3度目のイモを干しており
ます。1本だと、一家総出でアッという間に食い尽くしてしまった
ので、2本にしときました。


 

関連記事


こんにちは、お邪魔いたします。

干しましたね!
私も一度干して味を占めてしまいました(笑)
だって買うととっても高いのに、自分で作ると簡単に大量に食べれるという最大のメリットがあるんですもの('v'*)
それになにより手作りは美味しい…。

うちには蒸し器がなくって茹でてつくっていたのですが、炊飯器という手がありましたか!
是非真似させていただきます。

美味しそうな干し芋に仕上がっていますね。
とっても食べたくなってきました。
干すのに丁度良い夏が待ち遠しいです…。
[ 2015/01/02 ] [ 編集 ]
> チヨヨ さま

干しましたー。
いやホンマ、やっぱり高いですよね市販品。特に国産モノ。
かつ、ちょびっとしか入っとらんので、すぐなくなって悲しい…。
自分でやると、硬度その他好みに仕上がってヨイですな。

炊飯器、グッドですよ…って、私が考え付いたわけではなくて
先達の知恵に感謝なんですが。放ったらかしでええですしね。

ところで、干すのは夏場がイイんですか?わたくし、全く逆に
今みたいに寒いほうが好条件かと思っておりました。干しいも
って何となく冬のイメージだったもんで…。
[ 2015/01/02 ] [ 編集 ]
ひと手間加えるとは、グルメですね。

こちらのブログは毎晩お腹がグー状態で拝見しています。
[ 2015/01/04 ] [ 編集 ]
こんばんは♪
干しいも、大好きです(*゚▽゚)ノ

けっこう早くできるんですね~

最近は干し柿にハマってますが
干しいも、焼き芋、甘い物なら何でも好きです(*´∇`*)
[ 2015/01/04 ] [ 編集 ]
> Easy Music Reviews さま

いやあ一手間加えるというか、炊飯で手を抜いてるというか…。
拙ブログがアパタイザーとなれば幸甚であります。
[ 2015/01/04 ] [ 編集 ]
炊飯器に入れたらいかん
> 吉瀬 弥恵子 さま

はい、天候にもよりますが、思ってたより早く出来ますね。
1日干しで十分かとも思われました。2日だと薄めカットの
ヤツはかなり固くなりますな。

干し柿もええですなあ。好きなんですが、久しく食って
ない気がいたします。あれはあのまま干すんかな…。
[ 2015/01/04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。