映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オール・ユー・ニード・イズ・キル 【映画】 = 殺しこそはすべて


 AllYouNeedIsKill_00.jpg

原題 = EDGE OF TOMORROW(ALL YOU NEED IS KILL)
製作 = 2014年・米国 113分
監督 = ダグ・ライマン
出演 = トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、
     ブレンダン・グリーソン

トム・クルーズ主演ということで、まず間違いなくB級ということはない
でしょうけど、ネットで派手な絵の予告編がよく流れてて気になって
観てみました。


予告編では派手でスピーディーなシーンが強調されてましたが、実際
のところはかなりダークで暗い感じでしたかね。まあ、エイリアン(?)と
世界規模で戦闘してて劣勢という設定なんで、能天気なわけはないの
だが…。解説の通り原作は日本の作家の小説だそうです。私は未読。


解説
「トム・クルーズ主演、桜坂洋のライトノベルが原作のSFアクション。
謎の侵略者の攻撃で滅亡寸前となった世界。同じ日を無限に繰り返す
ループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタ
から徹底的に鍛えられる。ダグ・ライマン監督作」


あらすじ
「近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀
打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ
少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループ
の世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・
ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に
何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ…」
(シネマトゥデイ)


本作でのトムさん、身分こそ少佐ではあるものの、実は前線で闘うの
がイヤで情報畑の将校になったという、軍隊では好かれないタイプで
いつものヒーローや凄腕エージェントという役とは、真逆のキャラ。
 AllYouNeedIsKill_01.jpg
将軍の命令で前線行って取材してこい、と言われるのだがそれすらも
イヤだと駄々こねてたら、逮捕されてしまってきっちり最前線に送り
込まれる。しかも、少佐の身分は剥奪されて二等兵、さらには脱走歴
アリという、極め付きのダメソルジャーに仕立て上げられます。
 AllYouNeedIsKill_02.jpg
降格後のお姿です。


そんな件で取材どころか、実戦部隊の一員としてレーザー砲飛び交う
現場に駆り出されるわけだが、役に立つわけがありません。銃の安全
装置の外し方さえ分からんレベルですからね…。で、すぐ死にます。
ええ、そりゃもうあっけなく。
 AllYouNeedIsKill_03.jpg AllYouNeedIsKill_04.jpg AllYouNeedIsKill_05.jpg
が、その死に際に、敵の体液(?)を浴びたことによりタイムループ
にはまり込みます。死んだと思ったら、二等兵として前線に来た時点
に戻って目が覚める。で、また前線行って、また死んで…とこの繰り
返しなんですな。
 AllYouNeedIsKill_06.jpg AllYouNeedIsKill_07.jpg
やってられませんで…というか、魂が磨り減るわ…。


何度か現場行ってるうちに、本作での英雄であるリタと出会う。彼女
も実はループ組でして、ヘタレのケイジ二等兵を鍛えタッグを組んで
敵に立ち向かいます。
 AllYouNeedIsKill_17.jpg AllYouNeedIsKill_09.jpg AllYouNeedIsKill_10.jpg
訓練シーンではヘタレぶりが存分に描かれてました。んで、何度でも
生き返ることが出来るので、ちょっとでも怪我するとリセットという
ことで、容赦なく殺される。んでまた、前線到着のとこからやり直し
なんですなあ。やっぱり魂がもちませんよ…。


どうにかこうにか、パワースーツも使いこなせるようになってきて、
さてどないして敵をやっつけるのか…という辺りは、科学者の仲間も
加わり、結構難しい話になります。少なくとも、私のB級専門の頭脳
では難しかった…。
 AllYouNeedIsKill_11.jpg AllYouNeedIsKill_12.jpg
かいつまんでいうと、敵のヒエラルキーは3段階あって、前線でウジャ
ウジャしとる赤いヤツが雑魚キャラで、雑魚60数万匹に一匹の割合で
中間ボスみたいな青いヤツがいる。この青が時間軸を行き来する役割
を担っとるようなんですな。で、この赤やら青をナンボやっつけても
ダメで、ラスボスを仕留める必要があると。が、そいつがどこにいる
のか分からんし、分かったとしても、最前線から生き延びて辿り着く
ことはまず不可能だ、と…。


まあ、最終的には場所は特定できて、仲間を募って乗り込んむんです
けど、そこに至るまでも、また生き死にの繰り返しやら、綱渡り的な
展開やら色々なイベントがてんこ盛りに発生します。あんまり語ると
ネタバレになりますので、詳細は実際にご覧いただくってことで。
 AllYouNeedIsKill_13.jpg AllYouNeedIsKill_14.jpg AllYouNeedIsKill_15.jpg


てなわけで、ちょっと理解がしんどい部分はあったものの、スピード
感十分、スケール感も同様でして、テンポ・展開もよろしく、キレが
あったという印象の作品でしたね。オチはちょいとご都合よろしい系
ではあったけど、まあ許容範囲でありましょう。面白い映画でした。




関連記事


あけましておめでとうございます。

知人(年配、映画好き)がこの映画を劇場まで足を運んで見に行きました。
私もすっごい宣伝で、駅の広告の大半がコレだったので、見ようかとおもっていたのですが、見に行った知人にどうだったか聞いたら

「なんか、ずっと戦っとったで?」

の感想のみでした。

トムさんは正当派のイケメンらしいです。
以前、とあるオジさんに「亮ちゃんは誰が好っきゃ?」と聞かれ
わざわざ大阪まで足を運んで見に行った「フロム・ヘル」のジョニーデップと答えたら、
「マニアックやなぁ。正当派やないねんなぁ」と言われました。
そのオジさん曰く「正当派といえば、トムやで」
確かに、日本は彼の作品の宣伝規模がかなり大きいような気が。
個人的には、トムさんは主演より買付けやプロデュース系の作品のほうが合っているような気がします。
(トムさんファンに怒られそう)

本年もよろしくお願いいたします。
[ 2015/01/08 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

謹賀ニューイヤーでございます。

はい、確かに知人さまおっしゃる通り、ずーっとバトッてます。
が、その根底にある、やり切れない、ほとんど絶望に近い
世界観…みたいなものにもグッと来るところがありました。

トムクル、正統派ですねえ。欧米的正統派というのか、
ブラピとかと並んで。デップさんも相当男前だと思いますよ。
まあ、あの人の場合、凝ったメイクで出て来ること多々
なので、素顔がもったいない感ありますけどね…。
トムさんはプロデュース上手いですなあ。オイシイ作品に
噛んでること多いですよね。

本年も引き続きよろしくでございまする。
[ 2015/01/09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。