映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラストミッション 【映画】 = 3daysは72時間


 LastMission_00.jpg

原題 = 3 days to Kill
製作 = 2014年・米国 115分
監督 = マックG
出演 = ケヴィン・コスナー、アンバー・ハード、ヘイリー・
     スタインフェルド、コニー・ニールセン


オヤジがスパイで年頃の娘が出てきて舞台が欧州…って、丸っきり
96時間』なのでは?とも思われる映画ですが、どうなんでしょ。


そういいえば、リュック・ベッソンも噛んでるんですよね。こりゃさらに
96っぽいですなあ。さすがに主役のオヤジは違う俳優だし娘も誘拐
されたりしませんけどね…。


解説
「リュック・ベッソン原案・脚本、ケヴィン・コスナー主演による
アクションエンタテインメント。余命わずかと言い渡されたCIA
エージェントのイーサン。残された人生を家族と共に過ごすため、
パリを訪れた彼の下に、CIAエージェント・ヴィヴィが現れ…」


あらすじ
「余命わずかだと言い渡されたCIAエージェントイーサン(ケヴィン
・コスナー)は、残された人生を家族と共に過ごすためパリへと向かう。
長い間家庭をおろそかにしてきた彼は、難しい年頃の娘ゾーイ(ヘイリー
・スタインフェルド)との仲もぎくしゃくしていた。そんな折、CIA
エージェントのヴィヴィ(アンバー・ハード)が、イーサンに最後の
ミッションのオファーをしに来るが…」
(シネマトゥデイ)


わたくし、コスナーさんについてはあんまりよくは知らんですが、
こうしたアクション系、かつ、ガンガン銃殺しまくりというような
役どころってのは珍しいんではないんですかね。いや、己が知らん
だけかもだが…。
 LastMission_01.jpg LastMission_02.jpg
前半は格好もアウトロー風。


あらすじ通り、腫瘍で余命数ヵ月と宣告されたイーサンが、最期の時間
を家族と過ごすべく渡仏するんですが、そこへ武器商人(テロリスト?)
を始末せよとの命令を受けたエージェントのヴィヴィが現れてイーサン
に手伝えと迫る。
 LastMission_03.jpg  LastMission_04.jpg
いわゆる謎の美女ですな。


何でそんなん手伝わなアカンねんと断るイーサンに対して差し出される
のが、怪しげな注射器。ヴィヴィが言うには、未承認だが腫瘍に対する
特効薬だと。で、仕方なくイーサンはミッションに従事することに。
 LastMission_05.jpg LastMission_06.jpg
見るからに怪しいなあ…。特効どころか即効で死んでまうかも…。


お話しはこのミッションのことと、イーサンと娘との葛藤・心の交流的
なのとの二本立てという感じでして、スパイアクション部分はそれなり
に派手でテンポも良くてスリリングでしたが、父娘部の方もかなり濃い
作りでしたな。ベタな割には辟易するようなことはなかったが。
LastMission_07.jpg LastMission_08.jpg LastMission_09.jpg LastMission_10.jpg
コントラストが効いてるというか…。


あと、全体的にはシリアス…というほどではないにしても、それっぽい
スパイものなんですが、随所にコミカルな味付けが施してありまして、
これがなかなかの軽妙感を醸成しておりましたな。この辺はリーアム・
ニーソンより、本作のコスナー選手の方が合ってるかなという印象。
 LastMission_11.jpg LastMission_12.jpg LastMission_13.jpg
敵方なんだが、自分と同じくティーンの娘がいるという設定のオッサン
なんかもいいキャラでした。


設定的に『96時間』と比べられる作品でしょうけど、96より殺伐とした
感じは薄いんで、一般的にはこちらの方が好まれるかも知れませんな。
適度なテンポ感、割と派手なアクション場面、ややしつこさは感じたが
過剰ではない父娘話、そして、謎めいた女性エージェントも登場という
ことで、結構バランスのとれたエンターテインメント映画に仕上がって
いるかと思いました。割と面白かったですわ。




関連記事


こんばんわ。
ケビン・コスナーさん…私の中では久しぶりの方です。
しかも、アクションなんて…!!
なぜだか、ケビンさんといえば、頭頂部に注目してしまうのはなぜでせう。
(お正月のクリント・イーストウッドのせいなのか…)
ウォーターワールドの彼の姿が印象的で、ついついです。

リュック・ベッソンさんが原案に絡んでるんですね。
彼の「LUCY」を見ましたが、
あれも怪しげな薬が出てきました。
怪しい薬で超人化でしたけれど。
(あれは、若干どうなんだろうという感じの結末でした)
ケビンさんは、やっぱり俳優業が向いているような。
監督などせずに、ええ作品に出てほしいです。


[ 2015/01/14 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

やっぱしこの人ってアクション俳優というカテゴリーでは
ないですよね。いや、わたしゃよう知らんですけど…。
頭頂部、目いきます?あんまりそういう感じは受けんかったが。
やっぱその分野のスペシャリストといえば、ジェイソン・ステイサム、
ニコラス・ケイジ辺りでしょうか…。

ベッソンは個人的には監督のときはあまりピンと来ないんですが、
脚本とか製作とかで噛んでると結構好みなんですよねえ。
LUCYもベッソン作品だったんですか。予告編観て、結構楽しみに
しております。そろそろレンタル解禁かな。
[ 2015/01/14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。