映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター 【映画】 = 珊瑚礁は無関係


 AkaiSnagosho

制作=2010年・豪州 88分

よくある「実話に基づく・・・」話らしい。確かにあるかも知れません。
実際、オーストラリアって結構サメによる被害が多いと聞きますし。

「オープン・ウォーター」のワニ版的な「ブラック・ウォーター」の監督の作品だそうです。
邦題のサブタイトルに勝手に「オープン・ウォーター」なんて付けとるもんだからややこしい。

ストーリーというほどの筋書きはなく、ヨットが転覆して近くの島まで泳ぐハメになった人間を
サメが襲うというお話し。近くの島ったって20km離れてまして、ビート板にしがみついて
チャプチャプ泳いでいく訳ですが、遅々としてなかなか進まないところにサメがやって来て・・・
と、主題から全くブレのない展開。余計なサブドラマみたいなんを持ち込まないところに潔さを
感じますね。

大部分が海で浮かぶ人間をサメが襲うシーンということで、元祖「オープン・ウォーター」に
似てるといえばそうなのだが、こちらの方がずっと面白かったです。
絵的に動きがあったし、昼間の場面が多くて分かりやすかったし、出てくるヤツらのキャラも
ちゃんとあったし、生き残るのはこの人ですか・・・ってなとこもあったし。

サメの映像はハッキリ言って微妙なレベルなんですが(本物か?)、すぐそばを横切るとこ
なんて結構コワかったですよ。バクッと食われるとこより恐怖感ありました。
アルバトロス作品のように船を丸ごと飲み込んだりとか、そういう派手なのはない
ですけどね(アルバでもそんなんないか・・・)。

サメがいる海には入りたくないと一人転覆船に残った男が最後どーなったのかもちっと詳しく
やって欲しかったが、その後のシーンで後は察しろということでしょか。
あー、出てくる婦女子2名はいずれもちょっちタイプでしたわ。いかにも女優という感じではなく、
現実感・日常感のあるおねーさま方ね(ほめ言葉です)。

ま、娯楽色皆無でパニックものとしては地味な方でしょうし、あまりにも王道的なストーリーや
展開がちょっとナニかも知れませんが、真面目に作られた映画なんだろうなあというのが
伝わってくるようで個人的には良かったと思います。





関連記事


No title
サメの特撮、いずれにしてもこれよりはマシなんじゃないかと。どんだけデカいねん。
http://www.youtube.com/watch?v=1nzd0R_OeOc
[ 2012/07/12 ] [ 編集 ]
No title
大物ですなあ。メガロドンか?
この映画って観た気もするのだが、同じような話
ばっかりなんでハッキリ憶えてへん・・・。
[ 2012/07/12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。