映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャッジ・ドレッド 【映画】 = ヘルメットは顔の一部(というか大部分)


 JudgeDredd_00.jpg

原題 DREDD
製作 2012年・英、南ア 95分
監督 ピート・トラヴィス
出演 カール・アーバン、レナ・ヘディ、ウッド・ハリス、ドーナル・
    グリーソン、ルーク・タイラー

20年ほど前にスタローン主演で一度作られた映画だそうです。その
版は観てないというか知らんですが。元は英国コミックとのこと。


本作、徹頭徹尾、殺伐とした雰囲気の映画でして、主人公のメット
姿や容赦なく犯罪者を裁くところなどは『ロボコップ』、ほぼ高層ビル
内での悪人組織との闘いという点などは『THE RAID』に通ずるよう
に思われましたな。レイド分のロボコップ(分数)と申し上げれば
ご理解を得られやすいでしょうか…。


解説
「1995年にシルヴェスター・スタローン主演で映画化されたイギリス
の人気コミックを、新たに実写化したアクション。荒れ果てた未来の
アメリカを舞台に、法の番人にして刑の執行人“ジャッジ”を務める
男ドレッドと犯罪組織が繰り広げる攻防を活写。『スター・トレック』
のカール・アーバン、テレビドラマ「ターミネーター:サラ・コナー
クロニクルズ」シリーズのレナ・ヘディら、実力派が出演。監督は
『バンテージ・ポイント』で注目されたピート・トラヴィス。ド派手な
ガンファイトに加え、ドレッドの完全無敵ぶりにも圧倒される」


あらすじ
「毎分12件もの凶悪犯罪が発生するメガシティ・ワン。そこでは、
陪審員、裁判官、刑執行全ての権限を与えられた集団ジャッジが、
街の治安を維持していた。ジャッジの精鋭ドレッド(カール・アーバン)
は、新人のアンダーソン(オリヴィア・サールビー)と共にギャングを
率いるマーマ(レナ・へディ)が支配する超高層ビルに乗り込む。
だが、マーマはビルを完全封鎖した上に、住民たちにドレッドの殺害
命令を下す。絶体絶命という状況下で、ドレッドは7万5,000人もの
敵を相手に戦う決意をする」
(シネマトゥデイ)



舞台は近未来(?)の米国。何でか忘れましたが、とにかく国土は
荒廃してます。ボストンからワシントンD.C.までの一帯が超高層
ビルが建ち並ぶひとつの巨大都市になってて、あらすじの通り、
犯罪が頻発しています。毎分12件って、5秒に1件ですから、普通
に逮捕して尋問して裁判…とかやってたんでは間に合いません。
なので、現場の警官の一部をジャッジと称して、その場で有罪・
無罪の判決から刑の執行までを託しとるんですな。スピード感の
ある事務処理です。で、大体が凶悪・重大犯罪を取り締まってる
ので、刑の執行っちゅーのも概ねが死刑。バンバン銃殺します。
 JudgeDredd_01.jpg JudgeDredd_02.jpg
撃ち捨て御免、ですわ。


主人公ドレッドというのが、ジャッジの中でも特に優秀でして、
犯罪者の間でも名が知れ渡ってる存在。大物です。ある日、彼の
上司がアンダーソンという女性を連れてくる。彼女はジャッジの
養成所におるものの、成績不良で落第ほぼ確定という落ちこぼれ。
が、実はサイキックでして、人の心が読めるんですな。なので、
上司はそこを活かして何とかジャッジに…と目論んで、ドレッド
に一日随伴せよと言うてくる。いけるかどうか判断してくれと。
 JudgeDredd_03.jpg JudgeDredd_04.jpg
いかにもルーキーですな。


そう言われたドレッド、命令やからしゃーない感いっぱいで彼女
を連れてパトロールに出かけた先で、あらすじ言うところの高層
ビルでの戦闘と相成る次第です。75000人の敵とかありますけど、
その人数はビルにいる人間の総数で、多くは普通の住人ですわ。
敵はあくまで、ヤクの製造販売を手掛けるギャング一味でして、
どうですかねえ、総勢数百名ってとこでしょか(十分多いな)。
 JudgeDredd_05.jpg
現場となるビル。何階建てなんでしょか…。


ちょっとここまでグダグダ冗長に書いてますけど、本編に入る前
の設定説明ということで。こっから先は一気に端折ります。この
先の展開・進行、スピード感、銃撃戦の派手さ、ドレッドのタフ
ネスぶり、アンダーソンのヘルプぶり等は伝わらん…というか、
上手く表現出来んと思いますし。まあ、実際にご覧下さいまし。


かなりの悪党があれよという間に殺されていきまして、冒頭述べ
ましたように、相当程度に殺伐としてますんで、やや観る人をば
選ぶと思いますが、そういうのにある程度耐性のある方ならば、
かなりエキサイティングだと感じるのではないでしょか。
 JudgeDredd_06.jpg JudgeDredd_07.jpg JudgeDredd_08.jpg JudgeDredd_09.jpg


さて、キャスト。主役ドレッドに関しては、バックボーンとか家庭
環境とかそんな描写は一切なし。徹底して職場、現場でのお話しに
終始してます。実に潔いですな。余計なドラマはホンマ余計ですわ。
 JudgeDredd_10.jpg JudgeDredd_11.jpg
キャストはカール・アーバン。この人って、最近結構よく見かける
ように思いますな。ま、本作ではジャッジのメットを一度も脱がん
かったので顔は出ませんが。これやったら誰がやっても一緒やん…
というのは言うたらイカンのか…。この人って『スター・トレック』
のDr.マッコイの頃から印象深いですな。『リディック』なんかでも
存在感示してたし。
 JudgeDredd_12.jpg
素顔のドレッド。隠すのがもったいない男前です。


アンダーソンについては若干の背景説明があったかと思いますが、
それとてもめちゃサマライズされたもんで、やっぱし現場感を大切
にしとります。ヨイですね。
 JudgeDredd_13.jpg JudgeDredd_14.jpg
場慣れしてない新人ぶりが良かった。ご容姿もヨカッタ…。


敵方ボスにはターミネーターのドラマ版でサラ・コナーをやってた
方がキャスティングされてました。
 JudgeDredd_15.jpg
キレぶり、残忍ぶりがお見事。サラの時とはえらい違いですわ。


てなことで、ところどころダル目に感じたとこもあったけど、全体
としてはかなり楽しめた作品でした。R15ぐらいのレーティングが
要るんちゃうか、とも思いましたけどね…。続編作りやすそうにも
思うんですが作れへんのかなあ。ドレッドメットずっと被ってるん
であれば、別にカール君でなくでもエエし、って言うたらイカン…。


予告編。この映画は本編の方がはるかに面白かったな。

ドレッド・コースターのプレゼントもあったようです。




関連記事


こんばんわ。

すんません。
記事タイトルでツボにハマりまくってました。
ロボコップっぽい格好ですね。
(いや、全体的にロボコップのようなオーラが)
私、スタローンの旧作を見たような気がするのですが
若干、デモリションマンと混じっている記憶しか持ち合わせていません。

バックグラウンドがないというのは、とてもいいですね。
変に同情を誘うような設定でないことが潔くて好きです。

[ 2015/02/11 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

ヘルメット案件、顔見えてる部分より隠れてるところが
多かったもんで…。しかし、その見えてるとこが無精ヒゲ
まみれっちゅーのが何とも…ですなあ。

本作のジャッジは人間なんですが、撃たれても接着剤の
ようなものでリペア出来てしまう…という点ではロボ
みたいでしたね。あんなんありかい…。

『デモリションマン』イイですねえ。スタローンも
さることながら、ウェズリー・スナイプスのテロリスト
が実に良かったです。生き生きとやってましたな。
[ 2015/02/11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ジャッジ・ドレッド
ジャッジ・ドレッド [DVD](2013/06/26)カール・アーバン、オリヴィア・サールビー 他商品詳細を見る 【DREDD】 制作国:イギリス/南アフリカ  制作年:2012年 時は未来。荒廃したアメリカは、東海岸沿いに広がるメガシティ・ワン と呼ばれる都市を残すのみとなっていた。政府も国家も消え去り、そこ で唯一、秩序を守るのが、警察官であり裁判官、そして刑執行の権限が ...
[2015/02/12 18:33] miaのmovie★DIARY
読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。