映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロスト・フューチャー 10,000デイズ・アフター 【映画】 = そこからどうなったのか


 LostFuture_00.jpg

原題 10,000 DAYS
製作 2014年・米 91分
監督 エリック・スモール
出演 ジョン・シュナイダー、ピーター・ウィングフィールド、
   ジェームス・ハーヴェイ・ワード、キム・マイヤース


彗星の衝突で地球の軌道がずれて氷河期が訪れた地球の僅かに生き
残った人間のサバイバル劇を描いた作品…なんですが、これ、映画と
して重大な欠陥があります。


それはですね…

 話が終わってないのに映画が終わってしまう

という点です。


解説
「滅亡後の世界で、人々が様々な選択を強いられながら生き残ろうと
する姿を描いたSFパニック。彗星の衝突によって氷河期に突入して
27年後。ルーカスたちは、氷の中からアメリカの全核兵器を制御する
ブリーフケースを発見する」


あらすじ
「彗星との衝突により、氷河期に突入した地球。生き残った人々は
部族同士で資源を奪い合う、絶望的な戦いを続けていた。そして27年、
1万日が経過した頃。ロッキー山脈の天文台を根城にするルーカスたち
は、氷に埋まったジャンボ機を発見。それは大統領専用機<エアフォース
ワン>の残骸で、機内には米軍の全核兵器を制御するブリーフケースが
残されていた。核を起爆すれば、氷河期を終わらせることが出来るのか?
それは希望の光か、悪魔の選択か?地球の運命を賭け、彼らはある決断
を下すが…」
(アルバトロスフィルム)


舞台設定や進行・展開などは、概ねあらすじの通りでして、全てが雪と
氷に覆われた世界で、僅かに生き残った人間が2つの勢力に分かれて
争ってるという。
 LostFuture_01.jpg LostFuture_02.jpg LostFuture_03.jpg
優勢な方が元天文台を占拠して一応マトモな暮らしぶり。劣勢な方は
追い出されて洞窟暮らし。元は同じ一族だったようです。何があった
か知りませんが、氷河期やいうのに争ってる場合ちゃうでしょ…。


で、本作、パニックもの若しくは氷河ならではのスペクタクルのよう
なものを想定してたんですが、殆どそういうのはありませんで、登場
人物たちの相克ドラマみたいなのが中心でした。かつ、テンポも運び
も良くなくて、途中自主的に休憩入れましたわ…。
 LostFuture_04.jpg LostFuture_05.jpg
その登場人物もコレといった個性を有するヤツもおらんかったし…。
みんな同じような格好しとるんで、見分けも今イチつきにくかったと
いうのもナニですなあ…。


と、カッタルイなあ…と感じつつ観ておりました。そして、終盤辺り
で地崩れ(氷崩れ)で流される大統領機から核デトネイターを回収、
さらには、流された先の向こうに氷河に覆われていない大地も発見。
 LostFuture_06.jpg LostFuture_07.jpg LostFuture_08.jpg
おお、これでようやく氷河期ムービーらしく、実は他にも生き残りの
人々がいて云々…となるのかと思ったら…、なりませんでした。


核装置回収チームのうち2名が、氷河でないところに何があるのか
確かめに行ってくると言い出し、残りのヤツは一応止めるが、最後
には、そうかじゃあ気をつけて行けよと送り出す…というところで、
いきなりエンドロールですわ…。
 LostFuture_09.jpg LostFuture_10.jpg
コラコラ、ちょう待たんかい、こっからがホンマのキモやろが…。

てなことで、途中までも結構ダルかった上に、ラストがこれということ
で危うく地雷映画ですよー。アルバトロスにしては割と予算もかけた
風の絵作りだっただったし、作風もB級ではなくマジメ路線だったん
ですがねえ…。そんな無理するから途中で放り出して終わるんやな…。




関連記事


こんばんわ。
すごく、面白い映画ですね。
あらすじが…あらすじになってないような気がするのですが…。
展開するところで展開しないって、期待を裏切ってまでストーリを進めすぎるのが、すごく不思議です。
私、きっと見てるとき画面に突っ込みまくってるような気がします。
(関西人なんで)
送り出すだけで終わるなんて。
まさか、2の計画が!?
いろんな意味ですごく気になります。
[ 2015/02/22 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

いやあ、なかなか強烈でしたよー。これ、もし映画館で
上映してたら、客席で暴動起きまっせホンマ…。
モヤモヤ感ハンパなしでございました。

突っ込みどころも数少なからずあるんですが、アルバ作品
にしては随分とマトモな議事進行なんですよねえ。やっぱ
無理しとるな…。

確かに続編あってもおかしくない作りでしたね。きっと
何だかんだ言うて、出てきたら観てしまうんでしょうなあ。
そして、またブツクサ言うことになるんでしょう…。
[ 2015/02/22 ] [ 編集 ]
はじめまして
すごい映画を見てしまったので心が震えています。(疑問と怒りと後悔)
「起承」までは我慢してましたが、やっと「転」になり心が覚醒し画面に集中しているところへ…エンドロール???って今?ここで?あれ? 何度見直してもそこでおしまい。どこにも仕掛けなんてありません。ふじつぼだんきさんと同じように「途中で止めた」としか思えない。レンタルとはいえ、こんなんで金をとっていいわけがありません。あーぁ、もやもやする!!! 最後の人って誰?
[ 2015/10/14 ] [ 編集 ]
そろそろ続編登場か
> ナンキー さま

あー、FC2の方にコメントいただいたんですね。
まあ、アルバトロスのことなんで、ある程度までは織り込み済みってとこも
あるんですけど、これは参りましたよねえ…。過去に似たような感じで唐突
に終わったSFをネタにしたことありましたが、何やったかなあ、忘れた…。

エンドロールの途中からまた再開するかも…と微かな期待を持ってました
けど、はかない望みでしたね…。

[ 2015/10/14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。