映画と菓子パン、チャリとバンド

パン、お菓子、B級中心の映画、自転車、音楽等々についてグダグダと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LUCY/ルーシー 【映画】 = in the Sky with the Diamonds


 LUCY__00.jpg

原題 LUCY
製作 2014年・仏 89分
監督 リュック・ベッソン
出演 スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・
    ミンシク、アムール・ワケド

昨年の映画の中で、こないだご紹介した『イントゥ・ザ・ストーム』と
並んで、非常に楽しみにしていた作品を鑑賞しました。


ネット等でよく予告編を目にしてまして、ヤクで特殊能力を身に付けて
暴れ回るなどというSFちっくな内容を、ヨハンソン主演でやるという
ことで、おおゴージャスじゃわいと勇んで臨みました。


解説
「『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出してきた
リュック・ベッソン監督と、スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだ
アクションスリラー。体内に埋め込まれた特殊な薬が漏れたことで
脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮し始めヒロイン
の暴走を描く。通常は10パーセント程度しか機能していない脳が、
100パーセントへ向かって覚醒していくヒロインを見守る脳科学者役
に、オスカー俳優モーガン・フリーマンがふんする」


あらすじ
「マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)
は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、
体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン
博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に
目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく」
(シネマトゥデイ)


が、結論から言うと、あんまし面白くなかったですわ。前半はまあ
エエんですけど、後半~終盤にかけて、結局何がどうなったんか、
何が言いたいのか、よく分からん議事進行でしたなあ。


脳を100%活用できるようになって色んな知識をすごいスピードで
獲得するとか、己の身体能力がアップするのは分かるとして、他の
人間をどうこう出来るようになる…という辺りの説明が、今ひとつ
納得いかんかったですねえ。もちろん、合理的な説明がつく訳ない
んですが、それでも、もう少しもっともらしい理屈をこねくり回して
欲しかったです。
 LUCY__01.jpg LUCY__02.jpg



あと、ルーシーとコンビを組むハメになる刑事役のオッサン、この
人が今ひとつパンチがなかったという印象でしたかねえ…。
 LUCY__03.jpg
悪くはないんだが、あともう少しキャラが立ってれば…。


一方、モーガン・フリーマンは相変わらず重厚でした。
 LUCY__04.jpg
高名な博士役。ま、個人的にはちょっと同じような役どころばかり
というイメージもあるが…。強烈な悪役とかやって欲しいなあ。


本作って、スーパー・ヒロインとなったルーシーがバッサバッサと
悪人どもをなぎ倒していく、というようなシーンがメインかと想定
してたんですが、いやまあ、そういう場面もあるにはあったけど、
ちょっとアッサリしてたというか、メインではなかったというか、
つなぎがもひとつというかの印象でしたわ。
 LUCY__05.jpg LUCY__06.jpg LUCY__07.jpg




オチも、あれでホンマにオチとるんかい…という感じでして、終盤
などはまるで『2001年宇宙の旅』みたいなイメージ映像がズルズル
続いてましたなあ(苦手なんです。想像力貧困で…)。
 LUCY__08.jpg LUCY__09.jpg LUCY__10.jpg



結局、テーマとしては、生命の謎とかそういった神秘的・哲学的な
とこへもって行きたかったんですかね。全体として決してアクション
ムービーではなかったという感想です。ベッソンさんって、脚本とか
ならイイんだが、監督やってる映画とはどーも相性が合わんこと多い
なあ…。


予告編はこちら

ショートフィルムとして抜群の出来。



 

関連記事


こんばんはー
確かに仰る通り、“自分”の脳が覚醒してなんで他人や物を操ることが出来るのか?分かんないですよねー。
それでも私は次々と繰り広げられる映像に目を奪われて、「次は?」「次は?」っと最後まで一気に観てしまいました。楽しかったです。

スカーレット嬢はこの後どうなったかと言うと、「攻殻機動隊」実写版/草薙素子少佐に変身したそうですよ(・∀・)
[ 2015/02/28 ] [ 編集 ]
こんばんわ。
LUCY最後がよくわからなかった映画でした。(私には)
国際線の飛行機の中で見たために、日本語字幕もなくフランス語での表記だったので内容はしっかりとは理解していなかったのですが、日本で見た予告編では、超人になったヨハンソンさんが、悪と戦うのか!と思ってたんですけど、最後が…。
尻切れっぽい締めが残念です。

脚本で入ってる、「キスオブザドラゴン」がお気に入りです。
監督…では、イマイチなのかも…。
ニキータは面白かったのに。

[ 2015/02/28 ] [ 編集 ]
もはやアクション女優
> momorex さま

はい、私も絵的には心奪われてました。スカジョハ女史の
ご容姿含めて…。が、映像がクールであればあるほど、
設定が置き去りにされてるような感がありまして…。
ホンマ、胡散くさ~い説明でエエんで、何か欲しかったかなと。

で、何です?次は攻殻機動隊? 攻殻機動隊ってあの攻殻機動隊
ですよね。って、あんまりよう知らんけど、へえ~ですなあ。
やっぱ『アベンジャーズ』並みに暴れるんですかねえ。
[ 2015/02/28 ] [ 編集 ]
> 亮 さま

あー、これ仏語字幕とかだったら、もうサッパリ訳分からん
モードですわな。私なんざ日本語でも結構難しかったのに…。
ルーシー、超人にはなるけど、徐々に自己制御能力がなくなって
別モンになっていく、っていう感じだったんですかね。
あのラストだとちょっと続編とか作りづらいやも知れませんなあ。

ベッソンさんって、製作で噛んでる時が一番合うかなという
感じです、個人的には。まあ製作言うてもどんな役回りを
やってるんか正確には分からんですが。
『ニキータ』は私も好きなんですよー。切ない系ですかね。
何気に今GYAOでやってるドラマ版も結構好きだったりします。
[ 2015/02/28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

『LUCY/ルーシー』(2014) - Lucy -
人類の想像を超える初めての世界が目の前に広がる ―!通常10%しか機能していない人間の脳が100%動き出したらどうなるのか?その経過が正しいのかどうかは別として、未知の世界を次々とテンポよく見せてくれる手法は、こちらが考え問いかける暇も無く最後まで一気に進んでいく。うまいなぁ、と思っちゃった。 ■ LUCY/ルーシー - Lucy – ■ 2014年/フランス/89分 監督・脚本...
[2015/03/01 13:09] momoな毎日
読まれた記事ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING
 
QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。